SSブログ
Girls Party ブログトップ

Sister [Girls Party]

【タイトル】Sister
【HP】QUADRIENNALE

【プレイ時間】10分
【ジャンル】百合
【ツール】吉里吉里
【公開日】2010/08/07

2009年10月に開催された「Girls Party」に応募した作品をリメイクしたものとのことです。

夜の教会という神秘的な雰囲気の中でかわされる二人の会話にしんみりとしました。
なかなか素直になれなくて本音を言えない少女が懸命に我を張っているように見えて切なかったです。
そして、あの意外なラスト。
ほんのりと心に残る物語でした。

少女二人の交流というか絆が書かれた話しなので恋愛というよりは友情よりなので、百合が苦手という方も読めるのではないでしょうか。

コメント(0) 

オトナリサン。 [Girls Party]

【タイトル】オトナリサン。
【DL】Girls Party NO.35
【プレイ時間】10分くらい
【ジャンル】百合ノベル
【ツール】Nscripter
【製作日】2009/10/7

エレベーターという閉ざされた空間の中で二人きりというのが緊張感があってドキドキしました。
しかも嫌悪感を抱く相手と2人きりというのが非常に気まずいです。
思わず呼吸さえも止めとしまいそうになるピリピリとした空気を感じます。
といっても、そのピリピリした空気を発しているのは陽子の方だけで、ルナの方は拍子抜けするくらいにあっけらかんとしています。このへんの対比が面白かったです。
隣人への対応によってによって3つの結末へと別れるのですが、どのエンディングもややブラックだなと思いました。
短編ながらピリッとまとまったお話でした。

タグ:Girls Party
nice!(0)  コメント(0) 

なぜ二人は愛し合い百合となったか [Girls Party]

【タイトル】なぜ二人は愛し合い百合となったか
【DL】Girls Party NO.49
【プレイ時間】5~6時間
【ジャンル】RPG
【ツール】RPGツクール2000
【公開日】2009/10/21

兄が作ったRPGに弟がテストプレイをしながら突っ込みを入れるという物語。
最初は百合要素はほとんどないのですが、最後までプレイすると「なるほど、そうきたか」と思わされるような驚きの展開があります。
兄の作ったRPGは王道な物語だったはずが、会社の人の意向を取り入れていくうちに思いもよらぬ方向へ変化いしていき笑えます。なぜそうなんるんだというような超展開ぶりと冷静かつ的確な弟の突っ込みが面白いです。
表情がコロコロ変わるのも見ていて楽しいです。
ただ、ストーリーは面白いんですけども、私は戦闘が苦手で下手なのでちょっと辛かったですね。
ラスボスが倒せなくて「このままクリアできないかも」と思ったりもしました。
百合要素よりもコメディ要素の方が強いので百合が苦手な方でもプレイできるのではないかと思います。
あと、おばあちゃん(ですよね?)がカッコイイのです。


タグ:RPG Girls Party
nice!(0)  コメント(0) 

とある女性会社員のついったー [Girls Party]

【タイトル】とある女性会社員のついったー
【HP】 いか旨
ikauma_bana.jpg
【DL】Girls Party NO.5
【プレイ時間】1~2分
【ジャンル】百合ノベル
【ツール】RPGツクール2000
【製作日】2009/8/27

プレイを始めて最初の1行で「もしやこれは……」とある予感がします。
なぜわざわざそこに(故)がついているんだ
読み進めてみると、とある女性会社員が「あの子」と仲良くなり次第に「あの子」に執着していく様子がtwitterにつぶやかれています。
簡潔な文章で書かれているのでサクサクと読めます。
最初は無邪気に一緒に遊んで楽しかったということがつぶやかれているのですが、やがて衝撃のラストが!
私は最初に読んだ時は単純に「計画通り!か」と思ったのですが、他の方の感想を拝見すると他にもいろいろと考えられるようです。
作者様自身もいくつもの解釈ができるようにと作られたご様子です。
他の方の感想を見ていると自分では気付かなかった見方があるんだなと考えさせられるところが面白いです。


nice!(0)  コメント(0) 

花咲く庭のディスコ [Girls Party]

【タイトル】花咲く庭のディスコ
【HP】 nino

【DL】Girls Party NO.37
【プレイ時間】20分
【ジャンル】百合ノベル
【ツール】LiveMaker
【完成日】2009/10/6

都会育ちのお嬢様うさぎと田舎育ちの子ブタの淡い恋物語。
Girls Party参加作品なのでどちらも♀です。
飼い主が恋人と一緒に暮らすことになりうさぎのディスコは田舎へ引っ越すことになります。
最初は面白くなかったディスコも自然に囲まれ暮らすうちに次第に馴染んでいき、そこで出会った子ブタのブーケと仲良くなっていくのを見ていると和みました。
イラストがやわらかなタッチでまるで童話を読んでいるようにほのぼのとしました。
素朴な子ブタのブーケはピンクで可愛いのです。後姿がとってもキュート。
ディスコも顔を洗うしぐさなどとても可愛かったです。
ほほえましい想いで二匹の恋の行方を見守っていると最後に切ない結末が……。

私的に最後に明かされた飼い主と恋人について、ちょっとびっくりしました。
そこには考えが至りませんでした。そうかそうだよなあ。
あと、オマケがシュールです。

タグ:nino Girls Party
nice!(0)  コメント(0) 

ときめきグリモワール [Girls Party]

【タイトル】 ときめきグリモワール
【HP】ParaSite2D6 RPG館

【DL】Girls Party エントリーNO.10
【プレイ時間】1時間
【ジャンル】学園恋愛SLG
【ツール】RPGツクールXP
【公 開 日】 2009/9/7

恋のおまじないを唱えたら現れた妖精さんがすごいインパクトでした。
この物語、妖精さんも変ですが、恋のお相手(?)もみんな、なかなか個性的です。
バレンタインまでに恋がかなわないと召喚術の反動で死ぬというシビアな設定があるので、主人公がもっと必死になって恋を探すのかと思っていたけど、そうでもなかったです。
むしろ展開はコメディタッチでした。
とにかく周りが変なので主人公が一人で突っ込みを入れてます。

親友のクリリンルートは最後に意外な真相がわかって、じんわりきました。
いい子ですねクリリン。
百合作品ではありますが、コメディとしても楽しめる作品だと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

スキトキメキトキス [Girls Party]

sukitoki02.jpg
【タイトル】 スキトキメキトキス
【DL】 Girls Party エントリーNO.28
【HP】スキトキメキトキス

【プレイ時間】1ルート20分 総プレイ時間1時間30分
【ジャンル】陥れ系百合AVD
【ツール】吉里吉里2/kag3
【公 開 日】 2009/10/7

12歳以上推奨
これはヤンデレものといっていいのかな。


甘い匂いに誘われ病院で目覚めた明菜は、そこに自分を覗き込むまあるい目玉を見た。
菜穂と名乗るそのまあるい目玉の持ち主は、とても可愛らしい少女だったが、菜穂はなぜか彼女に「不快」を感じて……

入院中の明菜は記憶を失っており、精神が不安定で、菜穂に対する気持ちもコロコロと変ります。
嫌悪を感じたり好意を感じたり、時にはとてもブラックになります。
このブラックな明菜はなかなか怖い。
でも、こういう二面性はだれにでもあるんじゃないかなと思ったりもします。
しかし、病みが深すぎると悲劇的な結末へ……

選択肢によって結末は5種類。
陥れ系となっているけど、私的にはそれほど陥れ系とは感じませんでした。
まあ、それは私が、陥れといったら、もっとすごいのを想像してしまうせいかもしれません。




ENDについてちょっと感想


うつくしいあし [Girls Party]

【タイトル】 うつくしいあし
【DL】 Girls Party エントリーNO.22
【HP】Sixteenth_Moon
【プレイ時間】10分
【ジャンル】ノスタルジック・ショートショート
【ツール】YU-RISβ3 / ERIS
【公 開 日】 2009/09/27

10分くらいで読めるショートショートということで気軽に始めてみました。
格式高い大仰な文章で綴られていく「わたくし」と「少女の足の石像」との邂逅。それはあまりにも運命的な出会いであった。
そして、なぜ石像の足に魅せられ惑溺するようになったかが、回想形式で語られてゆきます。
足だけであるがゆえに、かえってそこに様々な想像力を投影して持ち主の姿を見て、自由を感じるというあたりは特に美しかった。
綺麗な写真背景のもと、そんなわたくしの語りをノスタルジックな気分で聞いていると最後に…………

ま、まさかそんな展開になるとは!
さらにタイトル画面に戻って背筋が寒くなりました。
うーん、だまされたというか、びっくりしました。
ある時を境にして今まで見ていた世界が一瞬にして変わる……そういう物語好きです。
でもびっくりした……。


タグ:Girls Party

Helianthus [Girls Party]

【タイトル】 Helianthus
【DL】 Girls Party  エントリーNO.21
【HP】Malignant Apple
【プレイ時間】1時間
【ジャンル】ノベル
【ツール】吉里吉里2/KAG3

「Girls party」の作品をいくつかプレイしたので感想も少し書いてみます。
「Girls party」は名前のごとく百合ゲーム祭りでございます。

紹介文とスチル絵が気になってなんとなくプレイしてみたのですが、なかなか衝撃的な内容で、私の勘ははずれておりませんでした。
三章からなる物語なのですが、一章、二章の姫巫女に寄せる純愛に感動していたら三章できましたね。
一章、プラナスの姫ねえさまに寄せる思いは一途でむしろ怖いくらいだけど、だからこそ美しかった。
二章、カランコエの母親に似た姫巫女を慕う気持ちは切なく美しかった。
それが三章でそれまでの世界が一気に変りましたよ。
このへんはお見事だなと思いました。
ただ好きなのは三章の姫巫女の本当の気持ちを知るところまでで、その後の展開には、ちょっと唐突すぎておいてきぼりをくらいました。
「ええっ?」と思っている間に終わってしまったというのが正直なところです。

すべての話を読み終えた後に、もう一度2週目を読んでみると、また違った味わいがあります。特に二章が好きです。「ああ、そういうことか」と納得できたりします。

全体に雰囲気があり美しい物語かと思いきや、意外にドロドロしたものも見せてくれたお話でした。
タイトル画面の絵の仕掛けも面白いです。


Girls Party ブログトップ

応援ランダムバナー



ブログを作る(無料) powered by SSブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます