SSブログ
乙女・女性向け ブログトップ
前の10件 | -

はっぴーふーるrevenge [乙女・女性向け]

【タイトル】はっぴーふーるrevenge(公開停止)
【HP】銀のベル
bell01.jpg
【プレイ時間】10分くらい
【ジャンル】嘘つきネタソフト
【ツール】Yuuki! Novel
【公開日】2010年4月1日

ゲームをはじめて読み進めてみると眼鏡をかけた男がでてきて「設定をしろ」と言う。
Yuukiってこんなことできたっけ? と思いながら、いろいろとやってみると……ああ、そういうことでしたか!
エイプリルフールらしいゲームだなと思いました。
ジャンル:嘘つきネタソフトですものね。
むしろ、どうやって作ってあるのかなという興味の方が湧きました。
唯一の登場人物である眼鏡の男は見事なつんつんでした。
いろいろとやっていると眼鏡男と少し会話(?)ができるようになるのですが(ヒントは作者様のサイトの制作メモにあります)このつんつんぶりが可愛いと思うようになってしまいました。

nice!(1)  コメント(0) 

王様game [乙女・女性向け]

【タイトル】王様game
【HP】 柳暗華明
xxx.jpg
【プレイ時間】多分10時間くらい?
【ジャンル】女性向けサスペンスAVG
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【対象】15歳未満禁止
【公開日】2010/2/9

見知らぬ部屋で目覚めた主人公は記憶を失っていた。思い出せるのは自分の名前だけ。
窓も玄関もないその不思議な屋敷には主人公の他に3人のゲストが呼ばれていた。
主人公を含めたこの4人はこれから賞金1億円をかけた王様ゲームに参加することになるというのだという。

参加者4人のうち、主人公と少年は記憶喪失だし、栄司と朱音は誘拐まがいで連れてこられたというし、屋敷の執事はいわくありげだ。状況的には非常に胡散臭い。
この閉ざされた中で誰かを信じて行動を共にすることによってエンディングが変ります。
誰かと恋愛関係になることもあるし、疑ったり疑われたり、裏切られたり、場合によっては殺したり殺されたりします。
サイト様に「本作品はバッドエンド至上主義な方向けに制作しております。」と書いてあります通り、バッドエンドが非常に多いです。時々、唐突に殺したり殺されたりして「ここで、こうくるか!」と驚くこともありました。
でも、バッドエンドもあるひとつの結末として重要なのです。
流血描写や残酷な表現も多いので、そういうのが苦手な方はご注意下さい。

ストーリーは謎だらけで、ひとつのルートをクリアしただけではわかりません。
いくつかの結末を見ながら徐々に真相に近づいていくという感じです。

サイト様に推奨の攻略順(栄司→朱音→少年)がありましたので、その順番で攻略してみました。
一人目攻略。謎は解けず。むしろ謎は深まったような……。
二人目攻略。相変わらず謎は謎のまま。ただ「ある存在」がちらつく。
三人目攻略。……。なんだろう、この後味の悪さは。
という感じです。こうなるともう意地でも真相が知りたくなります。
四人目までくると、かなり真相に近づきます。

こちらの作品、グッドエンドをだすのはそんなに難しくないです。
むしろバッドエンドを狙う方が難しかったです。
私の場合、プレイ時間がやたらとかかったのは、バッドエンドを出すのに苦労したためです。
ここまで頑張ったのは、真相が知りたいという気持ちと彼女の彼に対する一途な想いに惹かれたからだと思います。
最後に見られるエンドに関しては、真相を知った後だと少々複雑な気持ちになって心の中にモヤモヤしたものが残りました。でも日が経つにつれて落ち着いて考えられるようになったのでしょう。そうなるのが一番平和的な解決だなと思うようになったのです。なにより幸せそうですし、今は一番好きなエンドかもしれません。
それに、一番最初の独白をあらためて見て誰のものであるかを気付いた時に心揺さぶられたような気がします。

プレイ時間は多分10時間以上かかったかと思います。
へたれゲーマーの私のわりには頑張ったかな。どうしてもすべてのエンドが見たかったのです。とりあえず自力でコンプできて満足。


(2010/3/10 追記)
製作者様のサイトで攻略情報が追加されていました。

nice!(0)  コメント(0) 

First Step [乙女・女性向け]

【タイトル】First Step
【HP】 愚図で鈍間な亀ですから。
guzunoro_fs-bana01.gif
【プレイ時間】1周20分くらい
【ジャンル】乙女向けバレンタインADV
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2009/12/08

印象的なサイト名と可愛い絵柄に惹かれてゲームをDLしてみた。
プレイしてみて、ものすごく萌えました。
1周20分くらいでエンディングも3種類と短編ものなんですが、その中に乙女ゲームの醍醐味が詰まっています。
突然クラスメイトに告白されたり、主人公のことを好きな幼馴染がいたりで、しかも二人とも人気者。男2人の鉢合わせまであります。
主人公はといえば、彼らの気持ちに全く気付いておらず、「好き」と言われて急に意識し始めるようになります。
主人公が恋愛には疎いみたいで、誰かと恋人になるという物語ではないのですが、それに向けて一歩を踏み出そうとする過程が自然で、これからを想像させるラストは余韻に残ります。
攻略対象とのEND時のイラストが、ほのぼのとしていて和みます。

ピンク色を基調として可愛いハートマークがアクセントになった、バレンタインゲームらしいおしゃれなデザインです。
会話が漫画のふきだしのように表示されるのも面白いです。

おまけでは前日談が読めます。
前日談を読めば、上好君のセリフ時に「???」と思われた方も疑問が解けるのではないかと思います。
前日談では男の子2人の主人公に対する想いがそれぞれ書き綴られていて、描写が細やかで心に沁み入ります。
でも、これを読むと、どちらともうまくいってほしいけど主人公は一人しかいないしと複雑な気持ちになりました。



nice!(0)  コメント(0) 

x3-st.Valentine's day- [乙女・女性向け]

【タイトル】x3-st.Valentine's day-
【HP】 purgatory
purgatory.jpg
【プレイ時間】1周20分くらい
【ジャンル】女性向けADV
【ツール】LiveMaker
【公開日】2010年2月14日

こちらのゲームは15歳以上推奨です。

前作の「x3」からちょうど1ヶ月くらいたったお話です。
前作のx3をプレイしていないと、ちょっとわかりにくいところがあると思います。
最初は4つの物語の中から見たいものを選びます。1周目はそれぞれのルートはGOODENDしか見れません。
だから、それぞれのルートのGOODENDを見て甘い気分にひたった後は、お楽しみのBADENDを回収いたしましょう。
今作品でもメロンパン好きのののお姉さまは健在です。

作者様サイトにて「BADENDを楽しむゲーム」と書いてあります通りに、BADENDはパターンもいろいろでコメディなものもありますが、大半は猟奇的な(そんなにグロテクスではないです)結末です。
今作のBADENDは前作よりもさらに力が入っているように感じます。
その中でも主人公が病んでいるものはやっぱりインパクトがありました。
あと不二のBADは精神的にくるというか恐いんですよね。普段大人しくいい子にしている反動がきているんじゃないかと思うくらいです。
BADEND8はエンディングを見た後にタイトルを見てぞっとしました。笑っていいのか怯えたらいいのか、作者様のENDのタイトルの付け方は、とにかく素敵です。

今回のスタッフロールなんですが、よく見ていると最後の方に恐いことが書いてあります。
最初見た時に「ええっ!」と思って2回目も、まじまじと見てしまいました。でも、それと同時に、どんな展開が待っているのかなと不謹慎ながらワクワクしちゃいました。


nice!(0)  コメント(0) 

x3 [乙女・女性向け]

【タイトル】x3
【HP】 purgatory
purgatory.jpg
【プレイ時間】1周30分くらい
【ジャンル】女性向けADV
【ツール】LiveMaker
【公開日】2009年12月30日

幼馴染の3人組で、男が2人、女が1人。しかも、男2人はその女の子が好き。
なんという緊張のある関係でしょうか。
傍目から見ると不自然な感じがするのですが、この仲良し幼馴染関係を壊したくなくて、お互いに牽制しあっているという感じがします。

クリスマスの近づいたある日、親友の野々村の言葉で、明日香は幼馴染のことを意識するようになります。

充はツンデレで優等生。表面的にクールだけど、明日香を守るために必死になったり、不二と明日香がつきあうようになった時にチラリと見せる切ない表情など、なかなか心にぐっときます。
充がヤンデレモードに入ると「おお! きたきた」という感じがして、なぜかあまり違和感を感じない。惨劇エンドなどは、なかなか力が入っていると思います。

不二はほうっておけない感じがして可愛い。明日香が他の人が不二の世話を焼くのは嫌だとというような独白がありましたが、その気持ちがちょっとわかる。そばにいてほしいなと思える。
不二は普段お人好しのいい子なせいかブラックモードに入るとかなり怖い。ifの世界の不二を見てると本来の性格はこっちじゃないのかと思ってしまう。

2人のうちどちらかを選んで、ラブラブなエンドを迎えるのが正しい楽しみ方だと思うのですが、印象に残っているのはBADENDばかりだったりします。
BADENDでは、誰かが病んでいて、ENDによっては残酷な表現があります。
男の子が病むのは想像できたのですが、場合によっては明日香も病むのがインパクトありました。
あと、どちらかのルートに入った後でも、途中でもう1人の方に心変わりすることもできます。明日香の心が揺れた時のイベントがなるほどと思いました。心が弱っている時に助けられるとぐっときますものね。

あと、スタッフロール時の文字がやたらと可愛くて思わず眺めてしまいました。
配置の妙と言いますか、文字とちょっとしたイラストだけなんですけど、すごく可愛いんです!!

BADが苦手な方のために同梱のreademeファイルに攻略法が載っています。
エンディングリストがないのがやや残念です。

最後に……私はクッキーメロンパンが好きですが、ののお姉さまのためならベチャなメロンパンも愛してみせます。
りりしいののお姉さまにLOVE!


nice!(0)  コメント(0) 

聖戦2.14 [乙女・女性向け]

【タイトル】聖戦2.14(配布終了)
【HP】 蜂蜜攻防
20040_honey_banner01.jpg
【プレイ時間】20分
【ジャンル】短編ノベル
【ツール】LiveMaker
【公開日】2010年02月14日

2010年2月14日~2月21日まで公開されています。

現在製作中の「マインドゲーム-School Official Love "Catch the Heart"-」の番外編ノベルです。
主人公以外はフルボイスという豪華さです。とても素敵なお声が聞けて、まるでボイスドラマを聞いているみたいで楽しかったです。
妹を大切にしているお兄ちゃんキャラは大好きなので、斗真お兄ちゃんのハイテンションぶりは面白かったです。
最後にチラリと出てきたあの方は、ブラックな雰囲気があって、なんだか気になります。
立ち絵はたいへん美麗です。お兄ちゃんは表情豊かで、落ち込んでいる姿もとても可愛いかったです。


nice!(0)  コメント(0) 

決戦★バレンタイン [乙女・女性向け]

20100214-bb.jpg
【タイトル】決戦★バレンタイン(配布終了)
【HP】 PLACE OF MY HEART
b_pomh.jpg
【プレイ時間】30分くらい
【ジャンル】女性向けノーマル恋愛シミュレーション
【ツール】LiveMaker
【公開日】2010年02月14日

2010年2月14日~2月19日まで期間限定公開されています。

主人公の千奈(名前変更可)は後ろ向きな自分を変えたいと頑張っている女の子。その千奈の恋する女の子特有の悩みや迷う描写が細かくて、こちらへ伝わってくるので、思わず応援したくなります。
何気ないセリフや独白に、主人公の感情が表現されていて少女漫画を読んでいるような気分で読めました。

おまけにて、作者様が真エンドと書かれていたエンドは、何かふっきれたような主人公が爽やかでまさに真エンドだなと思いました。前向きに頑張ろうとする主人公が素敵だし和泉君もとても魅力的だし、私は感動しちゃいました。
このエンドにたどりつくまでに選ぶ選択肢も納得のできるもので無駄のない作りだなと感じました。

主人公の友人の藺生(ゆう)は美人で姉御肌で一見近寄りがたい女の子。でも、その藺生に声をかけるくらいだから、主人公は勇気あると思います。可愛いし、もしや本人が気づいていないだけで、けっこう人気あるのではないでしょうか? と勝手に想像してみる。


nice!(0)  コメント(0) 

ばれんたいん・あるけみー [乙女・女性向け]

【タイトル】ばれんたいん・あるけみー(配布終了)
【HP】 アマヨノツキ
【プレイ時間】-
【ジャンル】アドベンチャー(乙女)
【ツール】吉里吉里
【公開日】2010/02/12

2/12~2/19まで期間限定で公開されています。

材料(チョコ、たまご、さとう、バター、こむぎこ、生クリーム)を組み合わせて、錬金術でチョコレートケーキ作りをします。
しかし、最初はこの材料から、どうしてこんなものができるんだというような、あやしげなものしかできません。錬金術おそるべし!
何度か生成を行っているうちにレベルが上がってようやくまともなものができるようになるのですが、たまに突飛なものもできます。金とかできてしまうとはすごいです。
その出来上がってくるアイテムを見るのが楽しかったです。
これらのアイテムやキャラクター絵は、作者様のあとがきによりますとペイントでドット絵を描かれたみたいで、けっこうな時間がかかったのではないかと思います。すごいです。
キャラ絵やアイテム、メッセージ枠から背景まで作者様の手作り感があふれていて、ほのぼのした雰囲気があります。

会話の中でしか出てこないけど親馬鹿なフィルのお父さんが面白かったです。
フィルとテオのやりとりは、なんだかんだ言ってフィルがテオを頼りにしている(あるいは甘えている)ように見えて可愛かったです。錬金術師エンドでの2人のやりとりが特に好きです。
甘さ的には微乙女くらいでしょうか?


攻略は作者様のサイトにあります。(完全にネタバレになっています)
私はへたれなので、攻略を見なければすべてのエンドが見れなかったと思います。


nice!(1)  コメント(0) 

RE. [乙女・女性向け]

【タイトル】RE.
【HP】 Kumys
【プレイ時間】1時間20分
【ジャンル】女性向ノーマル恋愛ノベルゲーム
【ツール】NScripter

こちらの作品、公開されたのが2004年なのでちょっと古いゲームになります。公開された当時は、けっこう話題になっていた作品だったと思うのですが、なぜか私プレイしてなかったんですよね。いつかしようと思って忘れていたみたいで、私そういうの多いんです。
だから、作者様のサイトの日記でひっそりと再公開されているのを、たまたま見た時に、今回はプレイしようとDLしました。

作者様のゲーム紹介ページに「女性向ノーマル恋愛ノベルゲーム」と書いてあったけど、多分違うと思います。むしろサスペンスか?
一応カテゴリは「乙女」に分類したのですが、ちょっと違う気もする。


主人公の蛍は、憧れの先輩に失恋して、大会の選手にもなれず無気力な日々を送っていた。そんな彼女が同じ日に3人の男子から告白される。
3人から告白されるなんてモテモテでうらやましいと本来は思うところなんだけど、この男子達が一癖も二癖もあるので、むしろ大変そうという感じでした。
一応、3人のうち2人とは恋愛エンディングがあるので乙女ゲームといえば乙女ゲームかもしれない。ここまでは……。
すべてのエンディングを見ると新しいシナリオが開けます。このゲームの本番はここからと思うくらいに後半の展開が面白い。
意外な真相が明かされ意外なあの人の正体が……。
まさか、こんな展開になるとは予想してなかったので、驚いたけど面白かったです。
最初は無気力だった蛍は後半では、ものすごく漢らしかったです。それはもう惚れてしまいそうなくらいに。


タグ:乙女 Kumys
nice!(0)  コメント(0) 

ちまっとロマンス [乙女・女性向け]

【タイトル】ちまっとロマンス
【HP】 solidas
solidas.gif
【プレイ時間】1時間
【ジャンル】サウンドノベル(乙女)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2007年3月1日

まずタイトルの「ちまっとロマンス」が可愛いです。
このタイトルは多分、主人公の名前「ちま」ともかけてあるんだと思いますが、なんか「ちまっと」という響きがいいんですよ。
バレンタインデーの一日をテーマにしているだけあって、タイトル画面にチョコレートがいっぱいで、SAVE画面もチョコレート風で、チョコレートが食べたくなります。
スタッフロールの背景も可愛くて、しかも何種類かあるので、ついつい眺めてしまいました。
この物語、お兄ちゃんがGJでした。
あと葵さんが美人です!
選択肢によって展開が変わるのですが、チョコレートを届けるために必死に頑張るちまちゃんの話が好きでした。
絵がとても綺麗なのにCG閲覧モードがないのが残念ですが、エンディングリストからシーン回想できるのは嬉しかったです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 乙女・女性向け ブログトップ

応援ランダムバナー



ブログを作る(無料) powered by SSブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます